女性用媚薬の効果詳細

女性用媚薬の効果詳細

女性用バイアグラとは、一般的には不感症を改善するもの、性器の潤いをアップさせるためのもの、神経伝達物質を刺激することにより興奮作用のある物質を分泌させるものに分かれます。

1998年に、性的な悩みを持つ女性のために承認されたものです。この薬を飲むことによって、性交時には膣や外陰に必要となる血液を改善することにより、性行中の快感を強くする作用が期待できます。

不感症に悩んでいたり、絶頂に届きにくいなどの悩みを持つ人には、効き目があるといえるでしょう。薬の色はピンク色をしています。これも女性向けに作られたという特徴といえるでしょう。

女性用バイアグラは、性行為の約45分前に水と一緒に飲むことで効果を発揮します。約45分後に効果が現れ始め、その後約4時間から6時間ほど効き目が持続します。

食事をした直後やアルコールを飲んだ後は飲むことは避け、食後は2時間たってからのむようにしましょう。効き目は人により異なりますが、推奨されている量を超えて飲んだ場合には、副作用が強く出る可能性もあります。

女性用バイアグラの副作用としては、頭痛やめまい、顔のほてりや鼻づまり、消化不良などがあげられます。これらのほかにも副作用とみられる症状があるため、心配な人やくわしく知りたい場合には、医師や薬剤師に相談すると良いでしょう。

現在日本では販売されていないので、購入する場合には通販や個人輸入を利用することになるでしょう。女性バイアグラの効果としては、まずは性器周辺の血流をよくすることにより感度を上げたり、性器の潤いをアップさせます。

これらの点では男性用のバイアグラと、ほぼ同じものと言えるでしょう。神経伝達物質を刺激するものとしては、男性に比べると、女性は性交時に感情に大きな影響を及ぼすことに着目したものです。

興奮作用のある物質が分泌されることで、性的興奮も同時に高まるというものです。女性用バイアグラにはさまざまな種類がありますが、その主成分はクエン酸シルデナフィルです。

女性がこのクエン酸シルデナフィルを飲んだ場合には、性器周辺の血流が増加します。これにより性器周辺の細胞が活性化するため、男性に触れられることにより、神経系にはその刺激がすぐに伝わることになります。

わずかな刺激に対しても、外陰部や膣が敏感に反応するため、性器周辺はとても敏感になるでしょう。これにより性行為中に外陰部や膣に、男性器や指が触れた場合には、快感を得やすくなり、簡単に絶頂に達しやすくなります。